腕時計のベルトの選び方の大切なポイント

腕時計のベルトの選び方ってご存じですか。今使っているもののデザインに飽きてしまったけれど、新しく欲しいデザインの製品は値段が高くて手が出ないというのであれば、バンドの部分だけ交換することをおすすめします。カラーやデザイン、素材などは自分の好きなものを選べますし、バンドを交換するだけでもガラッと雰囲気を変えることができてしまいます。まるで新しいものに買い替えたかのように新鮮な気分で使えるようになるうえに、本体を購入するよりも値段はリーズナブルです。 交換したいときには、本体とバンドを持ち込めば、お店で有料で交換してくれます。バンドを購入したお店なら、無料で交換してくれる場合もあります。さらに、自分で交換することもでき、慣れてしまうと実は意外と簡単です。それでは、バンドを選ぶときのポイントについて確認していきましょう。

サイズを測るときには正確さが重要

腕時計のベルトの選び方として、まず最初にしなくてはいけないのがサイズを測ることです。サイズを測るときには、正確に測ることが何よりも大切なポイントになります。最初にラグ幅を測っていきます。ラグとは本体から突き出ている2つの爪のような部分のことで、ラグとラグの間の幅のことをラグ幅といいます。この部分にバンドを取り付けることになりますので、正確に測っておかないと太くて取り付けられなかったり、逆に細くて緩すぎてしまったりする可能性があるのです。 それから、今まで使っていた製品に付いている尾錠を継続して使いたいのであれば、尾錠の幅も測っておきましょう。尾錠とはバンドの端っこについている、腕に装着するための留め具のことです。ラグ幅も尾錠の幅も定規やメジャーで簡単に測れます。

用途や好みに合わせて素材を選ぶ

腕時計のベルトの選び方で、もう一つ重要なのが素材選びです。素材は様々な種類がありますので、どんなシーンで使うためのものなのかということを考慮したうえで、自分の好みに合うものを自由に選びましょう。 たとえば、フォーマルなシーンで使うためのものならレザーが最適です。軽いうえに高級感があり、種類やカラーのバリエーションも豊富に揃っています。黒などの落ち着いたカラーを選択すれば、スーツなどにもしっくりと合って、ビジネスシーンにもピッタリです。さらに、靴のカラーに合わせて選べば統一感が出せるため、一気におしゃれな印象になります。 他にも、メタルやラバーなどの素材のバンドもありますので、いろいろな種類やカラーのバンドを集めて、幅広いおしゃれを楽しみましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加